インプラント

HOME>インプラント

インプラント治療とは?

インプラントとは天然歯根の代用となる人工歯根(チタン製)のことです。インプラント本体は外科手術により顎の骨に埋め込み、その上に歯をつくっていきます。

手術が必要になりますので、時間も長くなり入れ歯治療にくらべ、費用も高めになりますが、自分の歯のように違和感なく噛め、天然歯と同じような生活を送ることが出来ます。見た目も、天然歯に近く審美性にも優れています。

インプラント治療のメリット
インプラント
  • 自分の歯と同じように噛むことができ、違和感がありません。
  • 健康な隣りの歯を削る必要がありません。
  • 見た目も自然で、人前で口元を気にすることなく食事や会話を楽しむことが可能になります。

当院は歯科用CTを設置してあります。

歯科用CTでの撮影画像をもとに、インプラントを埋入する部位の骨の状態を正確かつ確実に把握し、治療計画を立案するることが可能となり、安全かつ安心な治療を行うことが出来ます。

歯科用CT

歯科用CT

歯科用CT

当院は完全個室の手術室を完備しております。

現在の歯科医療はインプラント治療・歯周外科手術等、多岐にわたります。より安全・確実な治療を行うため、オペ録画システム、生体モニターなど、様々な設備を完備しております。

手術室

オペ録画システム

生体モニター

インプラント治療の流れ

1.無料相談

インプラント治療全般について、患者様の疑問点や不安な点について、お答えさせていただきます。

2.検査(CT・パノラマ・模型)

CT・パノラマ撮影による検査データを分析し患者様にあった無理のない治療計画を立てます。

3.ご説明

検査結果を元に立てた治療計画をご説明させていただきます。

4.手術

インプラントを顎の骨に植え込みます。手術といっても入院する必要はありません。また、痛みもほとんどありません。

インプラント手術

5.印象採得(歯の型をとる)

人工歯を作るために歯列の型をとります。

6.人工歯の装着

人工歯の装着をします。

人工歯の装着

7.メインテナンス

インプラントはむし歯にはなりませんが、細菌感染には弱いため、自分の歯以上の丁寧なセルフケアが必要になります。治療後は定期的に来院していただき、メインテナンスを行う必要があります。

GBR法(骨誘導再生)〜 骨不足でインプラント手術が難しい方へ

インプラントを行いたい部分の骨が不足している場合などに、インプラントの術前・術中に、骨を増やす処置を行う場合があります。GBR(骨誘導再生)法とは、欠損した骨組織を再生させる治療法です。

歯槽骨の周りに、主にコラーゲンから出来ているメンブレンという特殊な人工膜を巻き、骨を再生し骨量を増やします。

インプラントQ&A

Q1.誰でもできるのでしょうか?

通常年齢期には成長期が終わってからが対象となります。また、健康であれば年齢に上限はありません。糖尿病などの全身疾患がある場合は、状況が異なりますので、ご相談ください。

Q2.手術が嫌なのですが...

局所麻酔をしますので、痛みはありません。専用の器具で精密に外科処置を行いますので、一般的には歯を抜くよりもあとの治りが良好です。

Q3.治療期間はどのくらいかかるのですか?

インプラントの埋入手術から、一般的には3ヵ月から6ヵ月待ちます。その後、インプラントに支台装置をつけ、数週間待ってから人工の歯を入れます。

Q4.自分の歯のように噛めるのですが?

はい。インプラントはあごの骨にしっかり結合し、その上に人工の歯が連結されますので、違和感がなく、ほとんど自分の歯と同じように噛むことができます。