予防歯科

HOME>予防歯科

予防歯科とは?

患者様の歯とお口の健康をトータルにサポートするために、当院では下記のようにレーザー治療、PMTC、フッ素塗布などの予防歯科の分野にも積極的に取り組んでいます。

もちろんご自身でも適確なケアをしていただくために、歯科衛生士による丁寧なブラッシング指導や衛生指導を行っています。

きれいな歯を保つためには、定期的な歯科医師による診察が必要です。まずはお気軽にお問い合わせください。

予防歯科

メインテナンスルーム

メインテナンスルームをご用意しております。

リラックスしながら予防歯科の診療を受けていただけるよう、
当院ではメインテナンスルームをご用意しております。

予防歯科に生かされるさまざまな治療法

位相差顕微鏡による検査

お口の中のプラークを位相差顕微鏡で観察することによって、歯周病の原因となる歯周病菌やその量をチェックできます。それによりそれぞれの状態に合わせた最適な歯周病治療を行なうことができます。

歯周病菌

レーザーによる予防

レーザーを照射することにより歯質は強化され、虫歯になりにくくなります。

とくに歯と歯の間、噛み合わせの溝などは虫歯になりやすく、レーザー治療を行うことで高い予防効果が得られます。虫歯の程度によっては、その進行を止めたり、除去することもできます。

レーザーによる予防

シーラント

奥歯の噛む面には溝があり、むし歯が出来やすいところです。ここにプラスチックのシールをしてむし歯を予防する方法があります。これがシーラントです。シーラントは歯を削ることがないので痛みはありません。

シーラント

Dental Drug Delivery System (3DS)

3DSは,安全かつ確実にむし歯の菌だけを取り除き、お口の中の環境をむし歯や歯周病になりにくくする予防法です。

ホームケア(歯ブラシ後、歯列型トレーで朝夕2回、5分間の除菌処理)と歯科医院での歯のクリーニングを一定期間繰り返し行うことにより、お口の中を虫歯や歯周病にかかりにくい状態にすることができます。

定期検診

「毎日、きれいに歯磨きをしている」と思っていてもどうしても磨き残しはあり、その汚れが虫歯や歯周病の原因になります。

そのためにも当院では定期時な検診を行っています。いつまでも自分の歯で噛めるように、当院がしっかりサポートさせていただきます。

定期健診

歯周病のメインテナンス

歯周病は非常に再発しやすい病気です。そのため 定期的な検査と予防処置を行うことが必要です。

歯周病のチェックと専門家による歯垢、歯石の除去などのクリーニングを行うことが重要です。治療が終了した後は、3〜4ヶ月ごとの定期検診をお勧めします。当院では、メインテナンス専用の診療ユニットを設置しておりますのでお気軽にご来院ください。

歯周病のメインテナンス

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

PMTCとは、歯科医師、歯科衛生士などの専門家による歯のクリーニングのことです。

器具とフッ化物入りペーストを用いて、すべての歯面の歯肉縁上および縁下1〜3mmのプラークを機械的に除去します。虫歯、歯周病の予防管理を目的としてシステム化され、現在多くのリサーチに裏付けられて着実な臨床実績を上げています。

PMTC

エアフロー

エアフローパウダーと水を圧縮した空気で歯に吹き付けて歯の表面の汚れ(ステイン)を素早く取り除くことができます。

パウダーの種類を変えることで歯の隙間などの変色も研磨剤を使用することなく落とすことも可能で、歯の表面を傷つけることもありません。

エアフロー

フッ素塗布

虫歯予防になぜフッ素が有効かというと、歯牙の表面であるエナメル質にフッ化ナトリウムを塗布することで化学変化が起き、虫歯になりにくい歯質に変化するためです。

フッ素塗布